棚尾おやじの会

愛知県で一番最初のおやじの会として立ち上がりました。

昨今、テレビや新聞等の報道で、非行や傷害事件の低年齢化が叫ばれて、久しくなりますが、地元の中学校でも数年前、校内の暴力事件で生徒が警察に逮捕されるという事件が起きてしまいました。
それに危機感を感じた父親たちが「このままではいけない」、「もっと子ども達との関係を深めていかなくては」という想いで、「棚小おやじの会」が結成されました。当初は、不定期に会合を持って意見交換などを行っていましたが、もっと具体的に子ども達とのふれあいを大切にしようと、子ども達と一緒に資源回収をしたり、餅つきなどをしたりしてきて、年間のスタイルのようなものが出来上がってきました。
次第に他地区にも同様な動きが出始めて、現在では碧南市すべての小学校区内で「おやじの会」が結成され、意見交換が行われるまでになってきました。
子育てに悩んでいる親、子どもとの付き合い方に行き詰まりを感じてしまう教師が増えてきていることも事実と思います。そしてそんな大人たちが、無責任な態度を示す子ども達の責任を、お互いに擦り付け合い、ますます子ども達の居場所がなくなり、深みにはまってしまう。そんな現実が、今後ますます懸念されています。
それぞれの立場の人達が、それぞれの立場でもっと気付いてほしいです。
「おやじの会」の存在を多くの人に認識してもらい、一人でも多くの人に参加してもらえるように、また各地で「おやじの会」が結成され、親子の絆、夫婦の絆、地域の絆がより強固なものになって、「明るい社会」作りの輪が広まってくれたらと思います

碧南市立棚尾小学校 「棚尾おやじの会」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です